蕎麦打ち体験会

               日 時: 平成23年6月19日(日)15:00〜

               場 所: 不老さんの蕎麦打ち小屋

               出席者: 13名
                                      
写真提供は佃氏(10組)
 

過去のどこかの49陽会の席上「有馬の北村師匠の蕎麦は食べたが不老のはまだ」とか、「どっちがうまいねん」とかの会話の延長で今回の催しとなりました。
催しの内容は次のとおりです。
1)蕎麦打ち小屋にて
  私のモデル蕎麦打ちと、参加者による蕎麦打ち体験
2)自宅にて
  蕎麦と地元割烹店の料理で酒盛り。焼酎の蕎麦湯割が好評
3)大半は帰宅されたが、残った数名で蛍観賞。
  幽玄の世界にうっとり。
北区の果てまで来ていただいたのに十分なもてなしも出来ず、すみませんでした。
お酒の差し入れ、有難うございました。(不老記)


蕎麦の美味しい条件は“挽きたて、打ちたて、湯がきたてだそうです。 あの日の粉は前々日に石臼で挽かれた物だそうで、3たてが揃った名人の蕎麦は絶品だったことでしょう。
生徒の打った蕎麦は、家族への土産となったそうです。(安本記)

 

 [出席者(敬称略)] 和田幹(1組)・明石・何・小山・須川・不老(2組)・岸田(4組)
           
一ノ瀬(8組)・清水・中前(9組)・門田・佃(10組)  寺本(50陽会)
       

                       写真をクリックして拡大写真をご覧下さい
不老さん、有難う!
     

戻る(ブラウザの戻る)