東京49陽会北関東支部の集い

              日 時: 平成23年6月02日(木)

              場 所: 栃木県 足利市

              参加者: 6名      
 (参加者氏名) 岩国 信彦氏(3組)川原 登氏(10組)長濱 保之(5組)新居 誠彦氏(10組)
       藤田 高明(2組)北村 哲郎氏(4組)
        

 平成23年6月2日(木) 栃木県足利市、足利工業大学の新居誠彦君から同校「風力発電セミナー」(牛山 泉学長)への参加と標題懇親会へのいざないが在り、北関東(栃木県、埼玉県)在住者、岩国 信彦君、川原 登君、長濱保之君、藤田高明君と北村が参加しました。
此の参会は、既に5年来の実績を重ね同大学のオープン・キャンパスと合わせたこともあります。
牛山 泉学長は風力発電の研究と実設置に於いては世界的権威で同大学には世界の風力発電のモデルが公園として展示されています。
セミナーでは宗次郎の“オカリナの演奏”に始まり、各研究者の発表を聴講し我々学友は中座して午後から恒例の足利散策を開始、今年は雨天でもあり尊氏通り、足利大通りを闊歩し、孔子廟安置の“ばんな寺”そして足利学校を中心に研修しました。

夕刻から東武鉄道足利市駅「ニュー・ミヤコ・ホテル」に会場を移し「東京49陽会北関東支部(?)」懇親会を開催しました。
当然主題は北関東大震災・津波・原発事故の被害状況、対策、自己の震災体験及び今後のエネルギー対策等を論議し、宴酣(たけなわ)、会合の名称については北関東支部はおこがましい「足利学校」にすべき等の議論伯仲(?)、料理では天皇皇后両陛下がベルギー国王夫妻と共に足利行啓の際に振る舞われた“ココ・ワイン”や銘酒“赤城山”を嗜み、新居誠彦幹事長の至れり尽くせりの采配に大感謝。全員帰路の時間も忘れる夜を過ごしました。

                        (H23.6.4  北村哲郎 記)


                       写真をクリックして拡大写真をご覧下さい
<足工大>北村哲郎(左)、藤田高明(中)。長濱保之(右) <新居誠彦研究室>長濱保之(左)、北村哲郎(中左)、藤田高明(中右)、新居誠彦(右)
<ホテル「東京49陽会北関東支部」の案内前>藤田高明(左)、北村哲郎(中)、新居誠彦(右)
<足利学校座敷>北村哲郎(左)、新居誠彦(中)、藤田高明(右) <足利学校座敷>(長濱保之)
.<ホテル宴会>(藤田高明(中)) .<ホテル宴会>岩国信彦(左)、川原 登(右) <ホテル宴会>左列 岩国信彦(左)、川原 登(右):右列 長濱保之(左)、藤田高明(中)、新居誠彦(右)
<ホテル宴会>川原 登 <ホテル宴会>新居誠彦 <ホテル宴会>長濱保之
<ホテル宴会>岩国信彦 <ホテル宴会>左列  新居誠彦(左)、藤田高明(右) 右列:北村哲郎(左)、岩国信彦(中)、川原 登(右) <ホテル宴会> 左列  新居誠彦(左)、藤田高明(中)、長濱保之(右)  右列:北村哲郎(左)、岩国信彦(中)、川原 登(右)

戻る